「インデックスファンド」どれにしよう?

yukipan、投資初心者です。めんどくさがりです。
さらにまとまったお金があるわけでもないので、投資はつみたてNISAでインデックスファンドに投資をすることにしました。

んで、どこのインデックスファンドがいいのか?ってなるわけですよ。いっぱいありすぎてわからん。
いろいろ調べた中で、特に気になったファンドをピックアップしてまとめてみました。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」を読んで、とりあえずこれを買ったら間違いない!と書かれていたファンド。

本の感想の記事はこちら→ https://yukipan-world.com/book/194/

運用方針:海外株式MSCIコクサイ・インデックスファンドと連動
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.1023%
設定日:2013年12月10日

日本を除く主要先進国の株式に投資
信託報酬はMSCIコクサイ連動型では最安水準
設定来の安定した運用実績

<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

運用方針:複数のファンドを通じ、国内外の株式・債券へ投資。TOPIX(配当込み)、NOMURA-BPI総合、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)、FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)を均等に25%ずつ組合せた合成ベンチマークの動きに連動。
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.154%
設定日:2015年8月27日

国内債券・国内株式・海外債券・海外株式の4本のインデックスファンドを25%ずつ均等に組み合わせた固定配分型のバランスファンド
先進国の株式と債券のみのシンプルな資産構成
リートや新興国株式を組み入れていない

楽天・全米株式インデックス・ファンド
【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全米株式)

運用方針:「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資する。CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.162%
設定日:2017年09月29日

ETFを通じて米国株式に集中投資
個人投資家に人気の米国ETFに手軽に投資できる

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
【愛称】楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)

運用方針:主として「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」に投資する。FTSEグローバル・オールキャップと連動
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.212%
設定日:2017年09月29日

先進国・新興国・大型株・小型株までこれ一本で全世界に投資できる
海外ETFであるVTを主要投資対象とするファンド
VTは全世界の株式の約7400銘柄で構成されているETF

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

運用方針:「S&P500インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.0968%
設定日:2018年7月3日

米国の代表的な株価指数であるS&P500指数に連動。
S&P500は、米国企業の時価総額上位500社で構成されている。
米国市場の約80%をカバーする米国の大型株に投資できる。
信託報酬などのコストが安い。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

運用方針:「TOPIXマザーファンド」を通じて、主として国内の株式に投資を行い、東証株価指数(TOPIX)(配当込み)と連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.154%
設定日:2017年2月27日

国内株式へ幅広く投資
幅広い分散投資でリスクを低く

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

運用方針:複数のマザーファンド通じ、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リートおよび先進国リートへ実質的な投資を行い、基本投資割合は、純資産総額に対してそれぞれ12.5%とする。各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する投資成果を目指す。
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.154%
設定日:2017年2月27日

国内・海外の株式、債券、REIT(不動産)に均等に分散投資。
株式に比べて値動きの小さい債券や値動きの異なるREITに投資して相場下落時のリスクを低減できる設計になっている。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

運用方針:主として「外国株式インデックスマザーファンド」、「新興国株式インデックスマザーファンド」および「日本株式インデックスマザーファンド」への投資を通じて、日本を含む先進国および新興国の株式等(DR(預託証書)を含む)に投資し、MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行う。
買付手数料:なし
ファンドの管理費用(含む信託報酬):0.1144%
設定日:2018年10月31日

これ一本で全世界の株式に投資できる。
信託報酬が超低コスト。
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスに連動する投資成果を目指した運用。
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスの対象は先進国24か国、新興国(エマージング)21か国、フロンティア国25か国の約70か国。組入銘柄は約3000銘柄。

ABOUT US

yukipan
Web制作会社で働いてます。パンダとかリラックマとか、まあるいものが好き。好奇心旺盛で、何にでも興味をもってしまう。とりあえずやってみてから取捨選択するのがモットー。今はグリーンカレーとチャイと株式投資がブーム。