生きるってね、面倒くさい。でも面倒くさいからこそね、素晴らしいんだ。−寂しい生活−

寂しい生活

筆者との出会いは「情熱大陸」

「いや〜、すごいおねえさんがいるもんだなぁ。」 アフロヘアーで、現代社会でこんなにもミニマムにおもしろい生活を送っている人がいるのか、と。 お風呂場が物置になっていて、冷蔵庫がなくて、ベランダに野菜が干してあって。エアコンなんてもちろん使わない。 「街全体が私の家」「ポートランド計画っていうのがあってね・・・」 銭湯が自分のお風呂だったり、ポートランド計画っていう発想だったり。 とにかく私の好奇心を揺さぶるこのおねえさん。 真似しようとは思わないけど、おもしろい。この先おねえさんはどうなっていくのか。気になってしょうがなかった。

トークイベントで実物に出逢う

相変わらずのアフロヘアー。ひょうひょうとした語り口。 「今日の服は貰い物なの。昔はブランド物をたくさん持っていたんだけど、化粧も高級なものばかり使っていたんだけど、今は必要がない。お金もいらないなーと思ってるんだけど、いらないと思えば思うほどいろいろなものがやってくるの。いらないのに〜〜〜〜。ははは〜。」 おもしろい。やっぱりおもしろい。 思わず本買っちゃったよ。サイン書いてもらっちゃったよ。 サインには一言。 「シンプルに生きる♡」

寂しい生活 稲垣えみ子 著

Amazon

寂しい生活

楽天市場

寂しい生活 [ 稲垣 えみ子 ]

ABOUT US

yukipan
Web制作会社で働いてます。パンダとかリラックマとか、まあるいものが好き。好奇心旺盛で、何にでも興味をもってしまう。とりあえずやってみてから取捨選択するのがモットー。今はグリーンカレーとチャイと株式投資がブーム。