人間関係って難しいのかな。

book

なんだろう。世の中って、言ったもん勝ちなのかな。

どっちもどっちで、その人の立場に立って考えたら全部は理解できなくても、「こういう風に考えてるんだなー」って思うことができる。
人それぞれじゃん?考えが違って当たり前じゃん?
いろんなヒトがいるんだから、合う合わないはある。
でもさ、その人のことを理解はできなくても、「なぜそんな行動、言動をとったのか?」って考えてみたことある?寄り添ってみようってしたことある?
理解してみようってしてもないのに「あの人はひどい人だ!」と言う。
理解してみようってする気もない自分勝手な人もいる。
いろんな考え・性格があってヒトという生物は不思議な生物だなー。と日々思う。

「あの人はひどい人だ!」って言って回る人いるじゃん?
言いふらすのは自由ですけどね。その人の考えだし。いいですよ。
言いふらされてる人を傷つけてますけどね。言いふらしてる自分はひどい人だとは思わないのかな?
その人の話ばっかりしてるってことは、気にしてるってことで、本当に嫌いなら話にも出したくないと思うんだな。むしろ好きなんじゃない?って思えてくるよね。

ヒトって、めんどくさい。
でも、そのめんどくささが人間臭くて好き。おもしろい。
人間臭いめんどくさい人ほど私には魅力的で、惹かれる。観てて飽きない。

「あー、めんどくさ!でもその面倒くささが人間ぽくていい!おもしろい!」ってね。

私みたいなヘンタイは少ないと思う。
むしろそんなめんどくさい人からは離れたいって思う人が大半ではないだろうか。

私も昔は人間関係に悩んだことがある。
どっちの考えもわかるから「うんうん」言ってたら「どっちの味方なの?どっちにもいい顔する八方美人はやめたら?」と。
どっちの味方でもないし敵でもない。それぞれの考えじゃないの?という私の考えは無視され、どちらかにつけと無言の圧力。間に挟まれることが多々あり、悩んだ。
今も間に挟まれることがあるけど、「間に挟まれてめんどくさいなー」と、俯瞰して見られるようになった。
人間臭さがおもしろく、(バカにしているわけではないけど)楽しんでいる自分がいたりする。
ここまでになれたのは今までの経験であり、人であり、本のおかげでもある。
本は読んで損はないよ。

人との付き合いに疲れたときに読むおすすめの本

人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本 心屋仁之助

人間関係がラクになる。

amazonで探す

楽天市場で探す

 

人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論 渡辺奈都子 

「すべての行動は自らの選択である」という選択理論という心理学のことがわかりやすく書かれている。
人は自分の思い通りには動かないんだよ。

amazonで探す

 

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 岸見一郎

知らない人はいないんじゃないかというくらい有名な本。
的を得てるというか、なるほどそういう考え方もあるのか!となる一冊。読んで損はない。

amazonで探す

楽天市場で探す

ABOUT US

yukipan
Web制作会社で働いてます。パンダとかリラックマとか、まあるいものが好き。好奇心旺盛で、何にでも興味をもってしまう。とりあえずやってみてから取捨選択するのがモットー。今はグリーンカレーとチャイと株式投資がブーム。